早わかり!ウェビナー入門ガイド

各社の総合評価早見表

おすすめのウェビナーツールを徹底比較

ウェビナーとは、インターネット上で配信されるセミナーの事です。従来、セミナーを開催するとなると会場費がかかったり、参加者が足りないと赤字になったりと、金銭的な負担が大きいですが、ウェビナーは大きなコストをかけたり集客力がなくても従来と同じ内容のセミナーを提供することができます。

現在需要が高まっているウェビナーですが、現在様々な企業からウェビナーツールが提供されています。当サイトではウェビナーツールを料金プランや使いやすさ、などを徹底比較し、おすすめのツールをご紹介しています。

また、初めてウェビナーの導入を考えている人やインターネットやITに苦手意識のある人向けにウェビナーのやり方や開催するにあたっての注意点、基礎知識をまとめたページや初心者でも簡単に使える配信ツールを紹介する専用ページもご用意しております。

セミナー開催日時や会場を気にせずに催せてメリットの多いウェビナー

ウェブサイトには誰でもアクセスできる時代となり、ウェブ上でセミナーの開催が楽にできるようになったメリットは計り知れません。デメリットが殆ど見当たらないといって良いようです。従前にセミナー開催団体がセミナーを催す場合、開催目的に適する講師が決まるとプレゼンテーション用資料を作成し、開催日時を決めて会場を予約する必要があったわけですから会場借用費用もかかります。人選した講演者の講演が上手くないために会場セミナーでは見込んだ効果が得られないケースも少なくありません。このような場合、セミナー会場に足を運んだ人々を顧客に取り込めずにセミナー収支が赤字になってしまうこともあるわけです。ところが、ウェビナーが可能になってくるとウェブ上でコンテンツや動画を配信する時間帯を事前に配信しておかなくても問題ないわけです。

生放送タイプのライブ配信では講義のようなものであれば従前のように講師の講演をそのまま配信するケースもあります。また、それだけでなく過去にとっておいた録画を編集したコンテンツや動画を配信することもできます。従って、ウェビナーは事務所の一角から配信作業できるわけですから費用発生は殆ど気になりません。また、配信内容に対する視聴者のコメント等次第で配信したコンテンツや動画を適宜入れ替えたり、編集し直して再配信できるメリットもあります。ウェブサイト上の配信ですから視聴者との双方向の情報交換が簡単にできるので、商品やサービスのマーケティング手法として注目される所以です。コンテンツや動画を配信する企業としては配信する目的や対象者をはっきりさせておかないと視聴者が集まらないことが常識です。

その代わり、アクセスしてくれた視聴者に配信目的が明確に理解できる内容になっていれば不特定の視聴者相手の配信でも効果を得られるものです。もちろん、コンテンツや動画を最後まで見てくれたら視聴者に何らかのベネフィットとなるプレゼントを用意しておくことが成功のコツでもあるようです。一般的に従来型会場セミナーに参加する人は自分の仕事や用事を日々抱えているビジネスパーソンが多いですから、セミナーの日程や会場次第で簡単に参加できるわけでありません。どうしても聞きたいテーマのセミナーであれば自らの仕事や用事の時間帯を調整して出かけるわけですから開催日程や会場次第では諦める人も結構います。この点で、今後一層、ウェビナーが広まってくるとセミナー受講者は自分の好きな時間帯にウェブ上で視聴できるメリットが計り知れないのでウェビナーの普及が期待されています。

カテゴリー