早わかり!ウェビナー入門ガイド

各社の総合評価早見表

ホーム > ウェビナーの情報 > ウェビナーは画期的なシステムと言える

ウェビナーは画期的なシステムと言える

 ウェブ上でセミナーを展開することができるウェビナーは、本当に画期的なシステムだといえます。
例えば、遠く離れた人たちが1つのミーティングルームに集まるとしても、時間とお金がかかってしまうでしょう。
今まではそれが常識でしたが、それをすべてインターネット上で完結させることができます。
しかも、パソコンだけではなく、パソコンと親和性のあるスマートフォンを使うと、本当に時間と場所に縛られることなく、その場でミーティングやセミナーを展開することが可能です。
非常に利便性の高いシステムなので、まだ利用したことがない人は、ぜひとも前向きに検討してみることをお勧めします。
セミナーを展開するときに、インターネットを媒体とするため、集客しやすいという特徴もあるでしょう。
もちろん、自分がいつも利用しているホームページ、それからソーシャルメディアなどを駆使して集客し、特定のセミナールームに誘導するのが基本です。

 セミナーをインターネット上で展開するときは、基本的に1つのチャットルームに入り、1人がまとめて話をすることになります。
お互いの顔ウェブカメラで見ながら話すことができたりするので、プレゼンテーションのような形も取ることができるでしょう。
普通であれば、単純にアプリケーションで音声チャットで話すだけであり、その場合はお互いの顔を見ることができないはずです。
しかし、優秀なウェビナーのツールを活用することによって、お互いの声を確認しながら、さらに顔も確認しつつ、明瞭にセミナーを展開することができます。
重要な話などもしっかりと展開できるので、コストパフォーマンスを良くしつつ、素晴らしい効果を期待することができるでしょう。
今までセミナーに参加したにもかかわらず、時間的余裕やお金を作ることができなかったと言う人も、これで参加できる可能性が高くなります。

 ただ、ウェビナーを展開するときは、気をつけておくべきポイントもいくつかあるので、覚えておきましょう。
例えば、1つのチャットルームに、何人まで入ることができるのか、そこは必ず確かめておくべきです。
チャットルームには数十人程度入ることができる場合も多いですが、数人程度しか入らないようなものもあります。
どのようなサービスシステムなのかを今一度確認し、その上で利用させてもらいましょう。
また、ネット上で話すことになるわけですから、当然ながら音声をしっかりと届ける必要があります。
音割れが発生しないようにするためにも、レベルの高い、確かなマイクを使うことが大事です。
これは、セミナーで話をする人と、話を聞く人両方に言えることなので、覚えておきましょう。
インカムマイク等には、ある程度のお金を使うべきです。

次の記事へ

カテゴリー